公共政策学会 公共政策学会ロゴ
学会概要へ
入会案内へ
年報と大会へ
研究会掲示板へ
研究業績データベースへ
ライブラリへ
事務局案内へ
ホームへ戻る
2001年年報表紙
公共政策研究 第3号
巻頭言
法政策の時代――公共政策学と法律学の連携の必要性 阿部泰隆 3
 
会長基調講演
政策デザインにおける政策学的思考―学びとしての公共政策学の成立可能性 足立幸男 5
 
特集テーマ「政策決定の透明性と明確性を目指して」のねらい 2003年度年報委員会 11
 
特 集 政策決定の透明性と明確性を目指して
政策の透明性の増加はなにをもたらすか? 岸本哲也 12
自治体における政策過程の分析―東京都の臨海副都心開発の生成過程を素材に 佐々木信夫 22
政策過程における経済財政諮問会議の役割と特質―運用分析と国際比較の観点から 城山英明 34
政治における情報公開 曽根泰教 46
審議会型政策形成と情報公開の意義――「決定の質」の政策分析 細野助博 55
中間的制度見直しの必要性と財政情報改革 宮脇 淳 68
 
論 文
自治体政策過程における相互参照経路を探る―景観条例のクラスター分析 伊藤修一郎 79
環境自主規制の考察 相良 敬 91
政府部内における「エージェンシー化」と統制の制度設計―日英比較におけるNPMの理論と実際 西山慶司 106
地域政策におけるパートナーシップとNPO ―欧州地域政策(European Regional Policy)を題材にして 宮永健太郎 118
 
研究ノート
公共事業と社会福祉サービスの生産・雇用誘発効果の比較分析―拡大レオンチェフ乗数を用いた産業連関分析 塚原康博 130
動物愛護管理行政における市民参加の可能性―兵庫県動物愛護推進員制度によるケーススタディ 中川芳江 137
医療供給制度改革の政策レジーム分析―供給抑制型政策への転換をめぐって 西岡 晋 148
 
書 評
岩崎正洋・佐川泰弘・田中信弘編著『政策とガバナンス』 新川達郎 159
岡本哲和著『アメリカ連邦政府における情報資源管理政策:その様態と変容』 廣瀬克哉 160
足立幸男・森脇俊雄編著『公共政策学』 山口 定 161
 
大会報告(2003年度) 162/執筆者紹介 166
投稿規定・執筆要項 168/会則 170/英文サマリー 172
バックナンバー案内 183/編集後記 184/年報委員会メンバー紹介 185